外部に委託できる新人研修

新人研修をしなければならないものの、自社で行えることには限界があります。例えば、中小企業で社員の数が少ないということが考えられます。業務が忙しすぎて、新人を教育したいができない会社もあることでしょう。新入社員の数が多い大企業なら、一か所で研修をするのが難しい場面も見られます。
会社ごとに自己流で行っているマナーがあれば、どれが本当に良いビジネスマナーか分からないことが考えられます。パソコンやITの世界は、変化のスピードが速いので、最新のビジネスマナーを含んだ知識を知りたいというときもあります。本当に必要で現場で使える新人研修を行うために、外部委託を考えましょう。

外部委託のメリット

新人研修を外部委託することにより、研修の成果がはっきりと期待できるというメリットがあります。自社内での研修は、社内の具体的な仕事の流れや方法は分かるものの、基本となるビジネスマナーは会社ごとに異なることがあります。
基本的なマナーが身について、はじめて応用が可能になります。最初にきちんと学ぶことが大切です。
新入社員が少ないため、効率的に教育をしたいが時間が取れないという時もあります。外部委託なら、他の企業の新人と一緒に合同で研修を行うなど、自由な対応が可能です。新人の数が少ないなら他社との合同研修を選び、新人の数が多いなら、自社の新社会人のみで講師を依頼できるなど状況によって使い分けられます。

カリキュラムを立てる

新人研修を委託で行っていることろはたくさんあります。ホームページなどを見て、どんなカリキュラムがあるのかチェックしましょう。自社にとって本当に必要な知識が学べるかどうかを見て、選択します。マナーの内容によっては1日で完結するカリキュラムもあり、週末2日を充てるタイプもあります。
実際に研修を受けた人の感想が出ているところもあります。よくある質問のページで詳しい説明がなされているなら、どんな質問があるか見ておきます。こうしたページを参考にしつつ、実際の研修の雰囲気を想像できます。
外部委託で、基本的な部分を研修してもらい、自社ではより業務に直結したところだけを研修するようにしている会社もあります。研修で学んだことを生かせるように、なるべく早くビジネスシーンを作るようにします。現場で学びつつ、研修の内容を思い出しながら活用できると良いでしょう。自社で今まで組んできたカリキュラムを見直す必要があるときは、現場で本当に必要な研修内容になっているか確認しておきましょう。

ピックアップ記事

外部に委託できる新人研修

新人研修をしなければならないものの、自社で行えることには限界があります。例えば、中小企業で社員の数が少ないということが考えられます。業務が忙しすぎて、新人を教育したいができない会社もあることでしょう。...

新人研修の目的

初めて社会人になって受講する新人研修は、とても大切な時間となります。学校でもある程度、マナーを学んできましたが、具体的ですぐ実践できることを学ぶ機会となります。多くの会社が新人が入社して、早い段階で研...

服装について学べる新人研修

新人研修には、様々な内容が含まれています。新社会人が入社して即座に必要な知識が多く、すぐ役立つように工夫されています。その中でも個人の好みや職種に左右されやすいものが、服装です。ビジネスシーンに合った...

新人研修のカリキュラムを考える

新人研修は、会社にとっても新社会人にとっても大切な研修です。会社にとっては、しっかりとした社会人として一歩踏み出すための基本となるものになるからです。新社会人は、今まで知らなかったビジネスマナーを身に...