服装について学べる新人研修

新人研修には、様々な内容が含まれています。新社会人が入社して即座に必要な知識が多く、すぐ役立つように工夫されています。
その中でも個人の好みや職種に左右されやすいものが、服装です。ビジネスシーンに合った服装をしたいものですが、どういったものが良いのかは会社によって異なります。
事務系などの内勤者は、社内で規定されている制服があることも多いです。スーツを着たままパソコンを使ったり、長時間椅子に座って仕事をすると肩がこるため、オフィスカジュアルを認めている会社が多いです。営業系や内勤でも接客が多い場合は、やはり社外に対するイメージを考え、スーツという人が少なくありません。動いたり、乗り物に乗ったりする機会があるため軽やかに動けるよう、自分に合ったものを選ぶ必要があります。

女性の服装で気を付けるポイント

新人研修でも、女性の服装についてのアドバイスを受けることができます。女性は男性に比べて、服装の選択肢が広いためそれぞれの会社の雰囲気に合わせて服装を選ぶことが大切です。
最も多いのが事務系の内勤者でしょう。パソコンを使いやすいよう、袖口がしまっている服装、シンプルな服装が良いという人もいます。あまりピッタリ身体にフィットしないよう、短すぎるボトムスなどを避けることも良い服装です。
営業や接客が多い人は、スーツを着て、インナーに少しオシャレや流行を取り入れることができます。社外の人に対してきちんとしたイメージを持たれたいですが、黒と白といった単調な色だけでも、華やかさに欠けてしまいます。移動が多い職種は高すぎるハイヒールを避けておくと良いでしょう。
清潔で品のある服装を心がけておくことは、大切なポイントです。インナーが透けてしまうもの、露出が多すぎるものは避けます。

その他のポイント

新人研修では、色が相手に与える印象なども学ぶことができます。どういったカラーを着こなすと、会社に対してのイメージアップが図れるか知っておくと、毎日の洋服選びに役立ちます。
制服が支給されるなら、洋服選びは特に気にする必要はないでしょう。清潔でさわやかに着こなすため、定期的に洗濯したりアイロンをかけてしわを取っておきます。スカートをはく場合は、丈が極端に短くないように気を付けます。派手なイメージにつながりかねませんし、オフィス内外の気温差で風邪をひいてしまうと、周りの社員にも影響を与えてしまいます。

ピックアップ記事

外部に委託できる新人研修

新人研修をしなければならないものの、自社で行えることには限界があります。例えば、中小企業で社員の数が少ないということが考えられます。業務が忙しすぎて、新人を教育したいができない会社もあることでしょう。...

新人研修の目的

初めて社会人になって受講する新人研修は、とても大切な時間となります。学校でもある程度、マナーを学んできましたが、具体的ですぐ実践できることを学ぶ機会となります。多くの会社が新人が入社して、早い段階で研...

服装について学べる新人研修

新人研修には、様々な内容が含まれています。新社会人が入社して即座に必要な知識が多く、すぐ役立つように工夫されています。その中でも個人の好みや職種に左右されやすいものが、服装です。ビジネスシーンに合った...

新人研修のカリキュラムを考える

新人研修は、会社にとっても新社会人にとっても大切な研修です。会社にとっては、しっかりとした社会人として一歩踏み出すための基本となるものになるからです。新社会人は、今まで知らなかったビジネスマナーを身に...